瞑想

イスラム教

indonesiamalaysia

イスラム教徒は世界各地に居住しており、特にアジア、北アフリカ、中東における人数が多い、訪日外国人でみると親日国家のインドネシア、マレーシアの方々のほとんどはそれに該当します。 イスラム教は唯一神「アッラー」を信じる一神教で「コーラン」を聖典としています。仏教の仏像のような、偶像による崇拝は禁止されています。

宗教が生活の土台となっており、食事に規制事項があるため、食材に非常に気を遣うのがイスラム教徒です。 イスラム法では食事のマナーも定めていて、「食材」料理に付着する「血液」、 「厨房」「調理器具」が、教義に則ったものかどうかに対してとても敏感です。 ラマダンと呼ばれる断食期間には、日中、水を含めて一切の食事を口にしません。その代わり、日没とともにたくさんの食事を摂取します。

食に対する禁止事項

「豚」「アルコール」「血液」「宗教上の適切な処理が施されていない肉」

この4つの食材はコーランで食べることを禁じられているものです。豚以外でも肉は、アッラーに祈りを捧げ、 特殊な屠殺方法を行ったハラル・ミートしか口にしません。
豚に関しては、姿を見ることさえも嫌悪されるため、メニューに豚のイラストや写真を載せることは避けるべきです。
肉そのものだけではなく、「ブイヨン」「ゼラチン」「肉エキス」「ラード」など豚の肉や骨、油が使われた食材は食べることができません。 植物性のもので代用しましょう。
アルコールは飲用以外にも、「料理酒」「調味料」(みりんなど)「香り付け」など様々な用途で料理に使われることがありますので、特に注意が必要です。ハラルは、イスラム法において「許可された」「合法的」という意味であり、生活全般に関わる言葉です。イスラムの教義に則って食べることが許可されたものを指し、野菜や果物、大半の魚介類はハラルです。

教義で禁じられているわけではないが嫌悪感を示す食材
「うなぎ」「イカ」「タコ」「貝類」「漬け物などの発酵食品」

これらについては宗教上の教義で禁じられているわけではありませんが、一般的に嫌悪感を示されることが多いので、 料理の食材として扱うことは避けたほうがよい食材です。

仏教

thailandvietnam

仏教徒は世界各地に居住しています、訪日外国人では中国、タイ、ベトナムなどの方が多いでしょう。 多くの宗派が存在し、宗派ごとに食に対する意識が異なります。もともとは、生き物を殺生することを禁じていたため、精進料理が生まれましたが、 現代では僧侶や厳格な仏教徒以外は肉食をする人も増えています。

食に対する禁止事項

一部の厳格な仏教徒が避ける食材
肉全般(特に牛肉)、五葷(ごくん:ニンニク、ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、アサツキ)

キリスト教

usauk

キリスト教徒は世界各地に居住していますが、特にヨーロッパ、アメリカ大陸に多くの信徒が住んでいます。 少数派を除けば、多くの信徒は宗教儀式や断食を行う場合を除いて、自由に食事を楽しんでいます。基本的に、食に関する禁止事項はほとんどないと考えてよいでしょう。

一部の宗派が避ける食材

上記の食材を避ける宗派は、キリスト教の中でもごく一部です。

モルモン教では、アルコール類、コーヒー、紅茶、お茶、タバコの摂取が禁じられています。

セブンスデー・アドベンチスト教会では、信者に菜食を勧めています。

ヒンドゥー教

indianepal

ヒンドゥー教徒に該当する人々

ヒンドゥー教徒は、インドやネパールに多数存在しています。

宗教が生活の土台となっており、食材、食べ方(誰と一緒に食べるか)、食事を食べる時間や時期に対して非常に気を遣うのがヒンドゥー教徒です。
ノンベジタリアンの人と一緒に食事することを嫌う人もいるようです。 また、ヒンドゥー教では不殺生を旨とするので、肉食を避ける人が多数存在します。穢れに対する意識が強く、 他者から唾液によって穢れが感染すると考えられ、 食器は使い捨てが一番清浄であるという意識を持っています。家庭で食事することを好む人が多いのは、外食の場合、同じ調理器具で肉を調理した可能性があるからです。

食に対する禁止事項

肉全般、牛、豚、魚介類全般、卵、生もの、五葷(ごくん:ニンニク、ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、アサツキ)

多くのヒンドゥー教徒は、肉全般を避けますが、中には肉食をする人もいます。その場合でも食べる対象は、鶏肉、羊肉、ヤギ肉に限定されます。

牛は神聖な動物として崇拝の対象となっているため、食べることは禁忌とされています。

豚は不浄な動物とみなされ、基本的に食べることはありません。

肉そのものだけではなく、出汁や脂肪が入っているものも避けますので、 「ブイヨン」「ゼラチン」「肉エキス」「バター(牛乳の脂肪)」「ラード(豚の脂肪)」などを調理時に使わないよう注意が必要です。

ベジタリアン

vegetable

ベジタリアンは本来、「命を奪う、もしくは、傷つけて得られる食品を食べない人」という意味を持ちます。 宗教上の理由、健康のためにベジタリアンになる人に加え、近年では動物の権利、環境保全の理由からのためベジタリアンになる人も増えています。

食に対する意識

ベジタリアンは世界各地にいて宗教の戒律や国の文化によってルールも異なるため、ベジタリアン特有の食事マナーやルールは存在しません。 ベジタリアンは、何を食べるかによって分類されます。 一切の動物性食品(肉類・魚介類・乳製品・卵など)のほか、蜂蜜も食べず、革製品などの動物から得られる製品も使用しない「ヴィーガン」、純粋菜食の「ピュア・ベジタリアン」、 乳製品を食べる「ラクト・ベジタリアン」、 植物性食品に加えて乳製品と卵の両方を食べる「ラクト・オボ・ベジタリアン」などさまざまですが、 国際ベジタリアン連合では「ラクト・オボ・ベジタリアン」を基本的なベジタリアンと認めています。

食に対する禁止事項

肉全般、魚介類全般、卵

一部のベジタリアンが一般に避ける食材
乳製品、根菜・球根類などの地中の野菜類、五葷(ごくん:ニンニク、ニラ、ラッキョウ、玉ねぎ、アサツキ)

乳製品は健康上の理由でベジタリアンとなった人が、避ける傾向が多いようです。

根菜・球根類など地中の野菜類は「ジャガイモ」「にんじん」「しょうが」「にんにく」「サツマイモ」などです。 インドのジャイナ教では、掘り起こす際に小さな生物を殺傷してしまう恐れがあるため、食べることが禁じられています。

五葷は厳格な仏教徒、ヒンドゥー教徒の間で食べることが禁じられています。

接客ポイント

すべての国や宗教の違いに対応するのは とても大変ですが最低限のことさえ守っていけば問題なく対応できると思います。

● 右手は神聖な手、左手は不浄な手とする宗教(イスラム、ヒンドゥー)が多く、給仕する場合には必ず右手を使いましょう。

● 宗教上、健康の為、動物愛護または身分によって、食の禁止事項が異なるため、料理に含まれる食材・含まれない食材を説明もしくはメニューに英語やイラスト等で記載し、お客様に安心して食事を楽しんで頂きしましょう。

世界のほとんどの国ではレストランのメニュー、スーパーの食品等には ベジタリアン、ハラールのマークが記載されています。

vegi
ベジタリアン
non-vegi
肉、魚使用
halal
ハラール

 

コメントを残す